お金に困る時ってこんな時です!

子どもが産まれる前は、マタニティー用品やマタニティー関連の美容コスメなど、いちいち報告するべきなのか迷いました。
出産準備として明らかに子どもに必要なものであれば、ネットショッピング等で購入後に夫へ事後報告する形でもいいかな、とは思ったのですが、例えば妊娠線予防のためのクリームや、マタニティーのパジャマなど『絶対に無くてはならないものでもない』ような品になると、寛容な夫ですが一応事前に相談はしました。

あとは、近くに住む夫の妹(小姑ですが)と些細な会話をしているときに、『○○ちゃんは←私のことです 今収入が無いけど美容室代とかはどうしているの?』だとか、『お兄ちゃん←夫のことです。への誕生日プレゼントの費用はどこから出すの?』など経済的なお財布事情を根掘り葉掘り聞かれたときに、返答に若干困りました。

また、義理の実家ではしょっちゅう集まりがあり、何の相談もなくクリスマスには高い予約ケーキ、義理の姉妹たちがチキンなど購入し持ち寄る、そのレシートを合計し各世帯で割るのです。
いくらになるのかびくびくしますし、義理の実家のイベント等私にとっては義務でしかないために、ストレスにもなります。

こどもが産まれてから、引っ越しを検討し、義理の実家から車で30分の所に建て売りを購入しました。
現在は、ローンの返済に終われながらもなんとか遣り繰りをしています。
義理の実家のイベントにも行かなくなったので、そこの出費は抑えることが出来ましたが、今度は子どもにかかるお金が増えてきました。

ママ友とのお付き合いでも、いくら程度使っていいものなのかよくわからないまま、一回会うごとに1000円程度におさめています。
セレブ感が漂うママ友とは、正直お付き合いを考えてしまいます。同じ経済レベルのママ友が自然と仲良しになり、良好な関係でお付き合いできています。

私自身のことですと、独身時代のような化粧品や基礎化粧品にお金はかけられず、洋服も産後に頑張って痩せて、昔買った洋服の中から今来ても変じゃないものを選び、着回しています。
一回の洋服代に三万とか出せていた頃とは違い、三千円でも高いと感じてしまいます。

正直、こどもがまだ8ヶ月で、服を引っ張ったりよだれを擦り付けたりするので高い服を買いたい気持ちも起きませんが、このまま専業主婦を続けていって、こどもがある程度大きくなり、参観や保護社会などに来ていく服となれば、いいものを何着かは欲しいというのが本音です。
ただの見栄なのかも知れませんが、悩むところです。

実は、なかなか子供に恵まれなかったので、不妊治療をしていたんですが、お金がなくてきつかったです。
友達のところは、カードローンを利用してたみたいでした。
私たちも二人目を考えてはいるんですが、その時にはそれも検討してみようかと考えているところです。
不妊治療お金がない
お金はなくても、こどもは宝物ですから。

隠したい大失敗の穴埋めにカードローン

普段は、専業主婦なのであまり無駄遣いもしないように気をつけて生活しています。
それに、毎月の主人のお給料は明細はもらうけど、主人の口座に入るし私は食費と日用品費くらいの額を振り込んでもらう以外には渡されません。
だから、あまり元々余裕がないのですが、そんな中で主人には言いたくない、頼みたくない出費となった時に、至急お金が必要だ、となります。

最近では、主人が単身赴任でほぼ家にいない時に、私の朝の不機嫌からテレビの液晶画面を傷付けてしまった時です。
私はつい子どものおもちゃをぶん投げて、テレビに当たってしまったのです。
液晶だけですが、そのヒビのせいで画面が半分観れなくなってしまっていたので買い換えるしかありませんでした。
けれど、自分の不注意というか感情的になったせいで、恐らく10万円程するテレビを新しくしたいから、お金を下さいとは言いにくかったのです。
ただでさえ単身赴任で苦労してる主人に対してそんな事は話す勇気が出なかったんです。
だから、至急お金が必要、となったのです。

こんな時、主婦でも借りられるカードローンがあったのでとても助かりました。専業主婦でも夫の同意書や収入を証明する書類の提出というのが必要ないというのが、一番助かりましたね。これからもこんなトラブルは起こり得ることなので、早く知っておいてよかったです。

このサイトで知りました⇒専業主婦消費者金融

幸い主人は単身赴任だったのでしばらく家に帰って来ないため、この私の最低な失敗を隠せそうでした。新しく全く同じ型のテレビを注文する事にできました。
普通の人なら、ごめんなさいと旦那様に謝ってお金を出してもらうのでしょうが、私は人には気軽に甘えられない人間ですし、どうしても言いたくなかったのです。
こんな考えをしてしまう私でなければ、大至急お金が必要、なんてならずに素直に主人に話して買ってもらえたと思います。
損な性格だなあと我ながら思うけれど、これからも自分のミスでの出費は話せそうにないので、また何かやってしまったらお金が必要、という状況になってしまいそうです。

脇の脱毛も臭い対策

今までで脱毛をした事があるのは脇だけです。

20年くらい前になりますが、当時働いていた会社でエステを経営していて、期間限定で社内の人に限り1万円で脇の脱毛をしてくれるというので脱毛する事にしました。今でこそ1万円をきる値段で脱毛しているエステはたくさんありますが、当時は30万円など高額なものだったので1万円でできる脱毛はかなりお得だと思いました。
普段から脇の毛にはうんざりしていました。腕をあげて、あげている方の手で脇をつまんで、首も思いっきり曲げ、反対の手で抜くといった作業は、肩が凝り、とても嫌な日課です。

美容院で働いていたので、お客様の前で腕をあげる事がたくさんあります。夏場は1本の脇毛も臭いも許されません。もしもお客様の目に脇毛が見えてしまったら不快感を与えてしまうはずです。念入りに毎週のようにチェックして面倒だったので、脱毛する事によって、これから一生脇毛の処理をしなくて良いのであれば、1万円は安いと思いました。
初めてエステに行った時、毛穴1つ1つに、針を1本ずつ刺していくという気が遠くなるような脱毛の方法でした。何より痛みが半端なく、涙が出てきてしまいました。あまりの痛みに1度きりで行くのを辞めましたが、上司が別の方法にしてくれると言うので、また通い始めました。脇にレーザーを当てるだけという簡単な脱毛方法で、全く痛みがありませんでした。

20分ほどで施術が終わり10分クールダウン計30分で終了です。それを1カ月に1回トータル5回で終了です。エステに行くまでの間、自分で抜く事が出来ないので夏場に始めた私は腕をあげる事ができずに苦労しましたが、脱毛して本当に良かったと思っています。

あとは脇の臭いが気になるのでこちらの商品→脇の臭いを消す方法※気になるわきが臭を消すことが出来ました。を購入して対策をしています。臭いを消してくれる持ちもいいので脇の臭いに悩んでいる人にはおすすめですね(‘◇’)

子供とのお出かけ・遊びについて

仕事がとても忙しく、平日は朝は7時前に家をでて終電で帰ってくる生活をしている主人に対してすごく感謝はしているのですが平日、子供とふれあう機会が少ないのでせめて休日の一日ぐらいは一緒に遊んであげてほしいなと思い 子供が遊べるようなところへ連れて行ってとお願いすると、インターネット等で調べて出かけてくれます。

ここまではすごくいい父なんですが、必ず自分が行きたいところ行ってみたいところを重視し、食べたいもの見たいものを探してきて、その場所に少し子供が遊べそうな小さい公園があるというところを見つけてきます。

基本的に自分が行きたいところ重視なので、子供の遊び場があるといっても、子供にとってものたりなかったり、つまらなかったりすることが多く、毎回子供に「おもしろかっただろ?」と聞くのですが子供の返事は期待する答えが返ってくるはずもなく、遊びに行った帰りにご飯をたべるために寄ったショッピングモールのゲームとか答えることなどがあると、「もう俺は企画しない。せっかく運転して連れて行ってるのに。」と怒り出す始末です。

あまりに何回も続いたので、今度は私が企画し連れて行ってもらったことがあるのですが、その場所は、ただ広いだけの公園で少し遊具がある程度なんですが、子供は大喜び。 たくさん走りまわって、気兼ねなくボールを蹴ったり投げたりできることに楽しんでいました。

そのことに対してさらに不満を感じる主人は、つまらなそうに「早く帰ろう」、「仕事で疲れてるのに」ばかりです。 自分が楽しめる場所がなく、自分が企画したときより子供が楽しそうなことに腹がたったみたいでした。

子供が楽しめるところと自分が楽しめるところは違うんだよということを伝えると自分が楽しめるところを重視していることに自覚がないのか私の言っている意味がわからないと言われ不機嫌になります。

普段、とてもやさしく家事等は全く手伝ってくれませんが、その代わり私が家事をサボったとしても何も言わずご飯なども終電で帰ってきて、ひとりでカップラーメンを食べて我慢してくれる主人なんですが少し子供の気持ちもわかってあげてほしいなと思います。

また、全く別の事なんですが、旦那の脇の臭いも嫌です。年を取るごとに体臭がきつくなり、夏になると臭くて。。。 特に仕事帰りの脇の臭いが凄くて。

ネットなどで、ワキの臭いを防ぐデオドラントを購入して渡すようにしています。

やっぱり年を取ると、臭いってするもんなんですね(*_*)

踊りたいのに踊れない

私は結婚する前に高知県で言う「よさこい」。北海道で言う「ソーラン節」のチームに入っていました。 県内では200近くのチームがあって、私も大学時代から入り、卒業しても仲間が作ったチームに所属し楽しい夏を過ごしていました。

しかし、妊娠を期に結婚した時に「もう、踊らないね」と約束したのです。 私自身、子どもを育てながら毎週練習に行き、お金を借りてまで何万もする衣装を買っていたのですが、それを今もできるかというとできないので無理だと思い納得していました。 そしてその年の夏は、大きなお腹で友達の応援に行ったのです。 すると、なんとみんな輝かしい笑顔で踊っていることかと感動してしまいました。

次の年はカメラを持って応援にいきました。 みんなの笑顔を写真に収めるためです。 それが意外と好評で、みんな、その写真が欲しい欲しいと言ってくれたのでSNSにアップしました。

次の年は片手に長女、お腹にもう一人抱えて、カメラを持って行きました。 そして夜は実家に娘を預けて、動画を作り、仲間のチームの打ち上げで即席ムービーを作って上映しました。 それはそれはみんな感動してくれて、今年は、チーム公認のカメラマンになりました。 子どもを二人連れて、毎週練習に出向くようになったのです。 もちろん「踊らない」という約束は守っています。

私は仲間が好きなんです。 カメラも好きだし、動画編集も好きです。 だけど、どこか寂しい気持ちが何年経っても続いています。 自分で納得しているはずなのに、どんどん深入りしていってしまっている。 子どもも手がかかる年頃なのに、私は何をしているんだろう。

本当は踊りたい。飲み会も行きたい。各地のお祭りに行きたい。 でもできない。 この現状はどうすることもできないのに、関われば関わるほど、気持ちが大きくなります。

今年の夏までもうすぐ。 来年は、大人しくしていられるかな。

産後の胸。

専業主婦がお金を借りるなんて本当はあってはならないことなのは分かっているですが、それでもそこまでしてでも、整形と言うかどうにかしたところがあります・・・それは、体のコンプレックスはいっぱいありますが、最近一番気になっているのは、ずばりバストです。
3人子供がいて、3人とも母乳で育て、授乳期間は述べ6年半にもなります。
授乳中は張りがあり、女性らしいものでしたが、卒乳してしまうと一気にしぼんでしまいました。悲しいものですよ・・・
特に、バストの上の部分がえぐれたようになってブラジゃーをしても上の方がかぱかぱしてしまうほどです。
もともとなかったサイズも余計に小さくなってしまい、乳首だけは大きく目立つようになってしまいました。
そして、授乳中に楽なブラトップばかりを着用していたために、外側に脂肪が流れ、垂れ下がって何とも不恰好になってしまいました。
触った感じも何だかふにゃふにゃしています。
今は何とか少しでも改善しようと補正下着を探しているところですが、どれがいいのか中々見極めきれずに時間ばかりが経ってしまっています。
もう、大きさはどうでもいいから、せめて形がもうちょっとマシになってほしいです。
離れ気味なバストを、ブラジャーをしていなくても真ん中よりにもどし、えぐれてしまった上の部分にもっと張りがほしいです。
こんな胸じゃ温泉などにはとても行く勇気がでません。
もう、本当に誰にも見せたくないです。

借金をしてでも、本当に直したいくらい・・・豊胸がしたいとかそういうのではないのですが、エステに行ったり、少しでも元通りになるようなエクササイズに通ったりとどうにかしてどうにかしたい(笑)

主人にいうと、誰に見られるわけでもないんだから・・・というし、主人からどうこう言われる訳ではないのですが、自分自身、女性としてなんだか嫌なんですよね(^O^)

きっと、この気持ち、授乳がおわった女性の方になら分かってもらえると思うのですが・・・

女性警察官になりたかった。

私は子供の頃に、女性警察官になりたいとおもっていました。小学生くらいのころから漠然と考えてはいましたが、結局理系の大学を選択したことで、新卒で就職活動したときは研究員を希望して就職しました。

今でもなぜそのときに警察官の試験を受けなかったのか不思議なくらいです。中小企業の研究員として3年間働いたころ、よくあることだと思いますが、様々な人間関係や仕事に対する疑問などが生じて、中途での警察官への挑戦がはじまりました。

住んでいた県警を受験しましたが、仕事しながらということもあり、一次試験さえも受かりませんでした。その後、プロポーズされたこともあり、結婚の道を選びました。

結婚してこどもがすぐできると思っていましたが、全然恵まれず、新たに県警への夢がむくむくと復活しました。

おなじ仕事を続けながらの挑戦で、となりの県もふくめて3回受験して3回とも一次試験に通過しましたが、結局最終試験で通過することはありませんでした。

毎回、面接では、ご主人のご両親は大丈夫なの?とか、今の仕事はいいの?とか、聞かれました。自分の力不足もありますが、状況は有利なものではなかったのかなと思います。

今は、内助の功として専業主婦の身ですが、ときどき女性警察官を見るといいなあと思ってしまいます。おそらく、なったらなったでものすごく大変だとは思いますが。

夜勤などもあるだろうし、休みも不定休で家族との時間も今と比べると確実に少なくなりますしね。お金の面ではかなり良くなっていたかもしれませんが。

やはり公務員なので給料も安定していますし、ボーナスも出ますしね。収入のない今の専業主婦とは大違いですよね。

お金の部分だけを考えたらその差は大きいですよね。今が毎月主人だけの収入で、結構ギリギリの生活ですからね。

急な出費が必要な時は、お金を借りないといけない時もありますし・・・。

私が警察官ならこんなお金に困った制あkつは送っていなかったんだろうな。。。って、それなら何でもいいから仕事しろ!って感じですよね。

結婚詐欺!?

僕が今の嫁と結婚した理由、それは付き合っている当時から凄く家庭的な感じがしていて、優しかったからです。

料理も上手いし、家の事もすすんでしてくれます。これならいいお母さんにもなるだろうな、、、って思っていたんですが。。。

結婚して見事に性格が変わってしまいました。

最近は料理も手抜きで、弁当や総菜ばかり。基本家のソファーで横になっているだけです。

文句を言ったら、凄い逆切れしてくるし。。。

なんか結婚詐欺にあった気分です( ゚Д゚)